仙台のクリニックで埋没法の二重手術を受けました

腫れが引いた後の感動

手術自体はあっというまに終わりました。
時間にして20分くらいだったと記憶しています。
ダウンタイムの間はまぶたがひどく腫れ上がり、鏡を見るとびっくりするほどでした。
まぶたの腫れは1週間くらい続いて、手術中より後の方が大変だったかもしれません。
人に会えないし、コンビニに行くのに濃い色のサングラスで目を隠して、まるで不審者みたいでした。
でも腫れがひいたら、両目にくっきりとした二重が出現したではありませんか。
もう、凄く感動しました。
あの分厚くて眠そうなまぶたが、別人のように変わっていたのです。
実は腫れが引いてからも1ヶ月くらいは二重が馴染まず、少し違和感がある見た目だったんですが、だんだん定着していったのか今ではすっかり自然で、整形だなんてばれたりしません。
埋没法を受けてよかったことは、鏡を見るのが楽しくなり、自分に自信を持てるようになったことでしょうか。
それと、メイクの時間がとても短縮され楽になりました。
一重だったときは目を少しでも大きくぱっちりと見せるために、アイメイクにかなりの時間をかけていましたから。
今は簡単なアイシャドウだけ、という手抜きメイクでも、ちゃんと目がぱっちりとして見えます。

大学デビューで二重整形 / 腫れが引いた後の感動 / 6年経ってもきれいな二重